Coming Soon – ProteinSimple.com will be moving to Bio-Techne.com. Stay tuned for updates.

One Sample, Two Western Immunoassay: 1つのサンプルからより多くのデータを

ReThink, ReUse, RePlex!

Jess™とAbby™の新しいRePlex™機能を使用すると、同一のキャピラリー内で2回のイムノアッセイを実行して、1つのサンプルから多くのタンパク質特性データを取得できます。

  • 発現したリン酸化標的タンパク質および総標的タンパク質を定量化
  • 同一のキャピラリー内の総タンパク質発現データでデータを正規化
  • 免疫プローブ選択における柔軟性の向上
  • サンプルあたり、より多くのデータポイント
  • 時間の節約と、消耗品代の節約

Run two immunoassays with RePlex on Jess and Abby

 

Get total protein expression data in the same capillary with RePlex

同一のキャピラリーで2回のイムノアッセイを実行 - プロービングの順番はフレキシブル

Proteins detected in a RePlex assay show excellent reproducibility and similar signal intensity across both

Compass for Simple Western(解析ソフト)のレーンビューは、同様のバンド強度を示し、また定量性は、Jess™イムノアッセイを使用したRePlexの各プロービングサイクル比較において、AKT1とAKT2の同等のピーク面積を示しています。

Proteins detected in a RePlex assay show excellent reproducibility and similar signal intensity across both probing cycles of a RePlex with Jess™ immunoassay

シグナル強度と再現性  RePlexアッセイのプローブ1またはプローブ2で検出された、MCF7ライセート中のAKT1およびAKT2のシグナル強度と再現性。 各タンパク質はプローブされた順序に関係なく、RePlexアッセイのプローブ1またはプローブ2で検出されたMCF7ライセートのAKT1およびAKT2は、Jess™を使用したRePlexの両方のプローブサイクルで優れた再現性と同様のシグナル強度を示しました。

ストリッピングとリプロービングはもう過去のもの。RePlexで抗体をより効率的に除去しましょう!

Antibody probes are efficiently removed during a RePlex assay with Jess™
Antibody probes are efficiently removed during a RePlex assay with Jess™

Jess™を使用したRePlexアッセイでは、結合した抗体プローブが、効率的に除去されます。除去効率を評価するために、自動アッセイで、プローブ1からの一次および二次抗体をタンパク質から除去し、次にプローブ2で同じ二次抗体とインキュベートして、プローブ1からの残留一次抗体を検出しました。レーンビューはプローブ1のイムノアッセイシグナルを示しています JurkatおよびMCF7細胞株の複数のターゲットに対するプローブ2の残留シグナルは見られません。 これらのターゲットの除去効率(%)は、(ピーク面積プローブ1 — ピーク面積プローブ2)/ピーク面積プローブ1 x 100として計算されました。

より良い定量化のために、自動イムノアッセイと総タンパク質ノーマライゼーションを!

 Immunoassay and total protein detection performed in a single capillary using RePlex with Jess™

Jess™のRePlex機能を利用して、同一のキャピラリーでイムノアッセイと総タンパク質の検出。 h-IGF1処理および未処理のMCF7ライセートのAKTリン酸化。 (A)リン酸化AKTおよびpan AKTは、それぞれ化学発光およびNIR蛍光を使用してプローブ1で検出し、総タンパク質シグナルはプローブ2で検出しました。 (B)パネルAのサンプルのpan AKT、AKTSer473リン酸化および総タンパク質シグナルのグラフビューの例。 (C)Compass for Simple Westernのピークテーブルは、総タンパク質シグナルによるリン酸化およびpan AKTシグナルの自動正規化により、ターゲットタンパク質発現が正しく定量化されることを示している。

JessとAbbyのRePlex機能を用いて、1つのサンプルからより多くの情報を!

JessあるいはAbbyのユーザーの方はRePlexingについて、今すぐ営業担当者にご相談ください